バイナリーオプションの取引で気をつけたい時間帯はココ!

目安時間:約 5分

こんにちは!ゆみです。

今日もブログを見ていただきありがとうございます!

 

 

バイナリーオプションは、24時間取引ができるのが良い所と

以前の記事で書きましたね。

 

もちろんご自分の都合の良い時間帯で取引をしていってほしいんですが

注意したい時間帯があります。

 

経済指標の記事でも書いていますが、

重要指標の出る時間の前後30分~1時間程度は

相場が荒れる可能性があるので取引は控えましょう。

 

それともうひとつ。

マーケットオープンの時間です。

マーケットとは市場という意味です。

世界の大きな市場で代表的なのは、

東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場です。

これらの市場が開く時間は

取引量が一気に増えるので、大きく値段が動く可能性が高いです。

 

それぞれのオープン時間は日本時間でいうと以下の通りです。

  • 東京は9時
  • ロンドンは17時(サマータイム(毎年3月末~10月末)は16時)
  • ニューヨークは23時(サマータイム(毎年4月頭~10月末)は22時)

東京はサマータイムはありません。

 

この時間を挟むエントリーは避けましょう!

また、上記の時間~30分程度は値動きが落ち着くまではエントリーは控えましょう。

 

取引量が一気に増えるということは

値動きが激しくなる、ということです。

 

テクニカル分析も効きにくくなりますので

バイナリーオプションのエントリーには不向きです。

 

「事前に動く方向がわかればエントリーしてもいいの?」

と思った方もいるかもしれません。

 

でも何度も書いている通り、バイナリーオプションは判定時間が決まっています。

FXなら動く方向に売り買いを仕掛けて値幅が取れた段階で決済することができますが、

バイナリーオプションではそうはいきません。

 

判定時間までに一時的には思った方向に動くかもしれませんが、

そのあと反対の方向に急激に動く可能性も高いです。

わざわざリスクの高い所でエントリーする必要はありません。

 

それに、そもそも動く方向を100%当てることは非常に難しいです。

 

相場が落ち着くまで待って、

その日の方向性を見極めてチャート分析を行い、

チャンスが来た時にエントリーすればいいんです。

 

「休むも相場」という言葉があるように、

チャンスまで待つことができるか?というのも

バイナリーオプションにおいてはとても大切です。

 

マーケットは世界中にありますが、その全てを把握していなくても

大きな3つの市場のオープン時間だけでも気を付けていれば十分です。

 

 

逆にバイナリーオプションがやりやすい時間帯もありますので

それは次回書いていこうと思います。

 

まとめ

  • 大きな市場のマーケットオープン時間~30分程度はエントリーしない
  • リスクの大きい時間はエントリーしない
  • チャンスが来るのをしっかりと「待つ」こと

 

以上いかがでしたでしょうか。

 

↓ポチっとしていただけると励みになります。


為替・FXランキング

 

 

それでは、また。

 

ゆみ

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ